ひとひら

2014年01月

OOK75_prezensurudansei20131223500

 あることを思いつきました。

 このブログを「ウラ」設定にして、「オモテ」設定のブログを作ろうと思いつきました。このブログには、自分が書きたいことを書きまくって(読者に迎合する人の文章ほど読みたくないものはないですから)、新しくつくるブログには、人に喜ばれるもの、読みたくなるような「記事」を書く。
 
 さらっと言いましたが、ウラのブログと新しくつくるオモテのブログ分の最低記事2つが必要になってくるということです。毎日続けることを前提に負荷(ストレス)を、自分にをかけて、文章技術とかを上達させていけたらいいなと思います。


 たとえ「1記事」でもを込めていきます。ブログというのは、どんなブログでもそうですけど続ければ続けるほど、魂が宿るってもんです。いかに、育てるか。戦略もまた必要になってきます。島田紳助さんが、漫才師を志したとき当時売れていた芸人を徹底的に分析していたことは有名ですよね。売れている漫才師を録画して、言葉を紙に書き出し、何が面白いのか解体して徹底的に分析していたこと。分析して、分析して、分析して「笑いの教科書」つくっていたこと。

 数日前に売れているブロガーの凄さに改めて気づきました。僕もその売れているブロガーをどうやっているのか、分析し、自分なりの「ブログの教科書」をつくってみます。

 Google先生に「ブログ戦略」で聞いてみたところ、素晴らしい戦略をたくさん教えてくれました。その戦略の中から、これはイケると思ったものを選んで、オモテブログに書いていきたいと思います。あ、オモテブログはウラブログとはリンクしません。まったく新しいブログとしてはじめる予定です。オモテもウラもアクセスが多くなってきたら、リンクするかもしれませんが…。

 教えてもらった戦略を見ているうちに、やっぱり「タイトル」って重要だなと思いました。そういうわけなので、タスクに「1日最低5個で、書ければ10個以上のタイトルを考える」を追加して、読まれるタイトルを書く練習をしていきたいと思います。ここから、僕はタイトル脳になります(笑)

 あと、もう1つ戦略を考えました。ブログ記事が100を超えるまで「広告」を貼らない、です。

 オモテとウラを使い分けます。いつも同じモチベーションを保つことは、できません。抜くとこは抜いて、脱力を意識しながら、爆速運営を心がけていきたいと思います。

 まずは、戦略とタイトルを考える。最低これだけはこなす数をタスクに加えていきます。

 やっぱ、売れる法則があるってことですね。いかに、法則にうまく乗るか。乗ることができれば、「爆速ブログ運営」間違いなしですね。

 もっと、戦略を考えて「オモテ」ブログに、応用していきたいと考えています。

 では、今日はこんなところで。ありがとうございました!

 

 

bloger


 今日、あるブロガーの凄さをまざまざと見せつけられました。
 なぜそう思ったのというと、記事をアップした途端、多くの「ブクマ」が付いたからです。

 やっぱ、この人は狙って、こんな凄いことをやっているんだなと改めて思いました。どうすれば、このブロガーのようになれるのと考えていたんですけど、やっぱこのブロガーをモデリングし続けるしかないですね。急がば回れ、です。

 そんなこんなで、今日もなんとかタスクをクリアしましたよ。タスクの達成率と願望実現は、めちゃくちゃ比例するらしいのでこれからも頑張っていきたいと思います。

 次の話は何をしましょう。あ、この話を。これは車を運転中に思ったというか、考えたことをメモったので、それを書いてみます。

 友に語るように書き。そして、その友達に「価値」を提供してお金を得ることができるようになること。友達からお金を頂くこと。もしそれができるようになれば、お金を稼ぐことは、実は簡単なことなんだと昇華しちゃうんじゃないかということ。そういう真実を知ることになるんじゃないかと。

 そんなメモでした。

 今、いろいろ「稼ぐ方法」を調べていて、オレに何かできることはないかなと考えていたから、そんなことを思ったのかもしれません。なかなかブログのアクセス数も増えず、広告収入も獲得できていないですし(笑)

もっと「価値」のあることを試していきたいものです。

 

 

[amazonjs asin="B00DLVF3HU" locale="JP" title="ブログ飯 個性を収入に変える生き方"]

日曜から、1日2記事を「iPhone」でも更新しています。”でも”と書いたのは、まだiPhoneで書いたものをそのまま投稿できていないからです。サーバーの問題でもあって、そのまま投稿するより、MacBookから管理画面にアクセスし、確認してからでないと、投稿できないんですよね。サーバーを移行するか、ブログサービスに移行するかで迷い中なんですよね。いま検討しているのは、「はてな」か「ライブドア」。どちらにもメリットがあるんですけど、デメリットのほうにばかり、目が行ってしまってるんです。そのことは、別記事にしようと思っていますので、後日。どちらもダメなら、このまま「WordPress」で運営していきます。

 で、何の話でしたかね。あ、2日前からiPhoneから投稿している記事のことですね。書いている記事は、トレンドニュースのキーワードがネタになっているんですけど、一記事の文字数が少ないので、もっと書けるように調べる力を付けていきたいと思います。

 それと、これからのブログ運営方針なんですけど、興味深い記事を読みました。これです。

ブクマ引き継ぎの件に関して、はてなからお返事がきたよー(^o^) : 大彗星ショッカーのヒマつぶし2



 「大彗星ショッカーのヒマつぶし2」さんが、はてなからライブドアに移行したところ、「ブクマ」が引き継がれない=はてなに没収されるということを発見したんです。

 さっそくこの記事を読んで、たぶんぼくはもう、はてなに移行するという選択肢はなくなりました。

 はてなは、読ませるブログが多く非常に魅力的です。それと合わせて「ブクマ」という特性は、やっば良いですよね。それによって、注目が即集めるサービスなんて、他を探しても見当たりませんから。

 ただ、自分のブログに多くのアクセスを集めたいと思って書いている方が大半だと思うのに、違うサービスに移行した途端「ブクマ」剥奪というデメリットがあるのなら、はてなブログで運営していくというメリットが見当たりません。あ、これは、ぼくにとって、ということです。

 移行はしないで、”ずっと”はてな使い続けていくよ、という方は、そのままはてなで書いていた方がメリットは大きいと思います。そうは言っても、すぐに「ブクマ」が付くという環境は、”最高の環境”ですから。

 ワードプレスでブログを運営している者にとって、即アクセスが望める無料ブログサービスは、やっぱ心惹かれるものがありますけど、メリットよりデメリットの方が大きい媒体には、たとえ駄文ばかりのブログだとしても、「貴重な資産」を預けることはできませんものね。

五嶋みどり

 全米最大の音楽祭・第56回グラミー賞が26日(米現地時間)に開催され、日本人のバイオリニスト五嶋みどりが参加したアルバムで最優秀クラシック・コンペンディアム賞を獲得されたようです。
http://mdpr.jp/music/detail/1322254

 グラミー賞受賞、おめでとうございます!

 五嶋みどりさんといえば、これですよね、タングルウッドの奇跡。
演奏中に、そうそう弦が切れるってことはないと思うんですけど、2回も弦が切れたにもかかわらずパニックにならず、楽団員の楽器と持ち替え演奏を続けられた度胸には、凄いというか、感動しますね。

当時、若干14歳!突然のアクシデントにも機転を利かし乗り越えた、タングルウッドの奇跡とは?


1986年、いまや語り草となった事件はボストン交響楽団と共演したタングルウッド音楽祭で起きた。レナード・バーンスタインの指揮で、「セレナード」第5楽章を演奏中にヴァイオリンのE線が2度も切れるというアクシデントに見舞われた。当時みどりは3/4サイズのヴァイオリンを使用していたが、このトラブルによりコンサートマスターの4/4サイズのストラディヴァリウスに持ち替えて演奏を続けるも、再びE線が切れてしまう。2度目は副コンサートマスターのガダニーニを借りて、演奏を完遂した。これにはバーンスタインも彼女の前にかしずき、驚嘆と尊敬の意を表した。翌日のニューヨーク・タイムズ紙には、「14歳の少女、タングルウッドをヴァイオリン3挺で征服」の見出しが一面トップに躍った。また、この時の様子は、「タングルウッドの奇跡」として、アメリカの小学校の教科書にも掲載された。出典:wiki


[embed width="420" height="315"]http://www.youtube.com/watch?v=04pXykKsO_k [/embed]


 

 大舞台でのアクシデントにも動じないメンタリティ凄すぎです。

 


 

 

 

どうも、@qlofareです。

ちきりんさんのこの記事を読みました。

家入一真さん、ありがとう - Chikirinの日記


ちきりんさんとこの表を見たところ、家入一真さん以外みんな「おじいちゃん」ですね。

唯一、家入さんが30代で、残りは…。

ちきりんさんもおっしゃるとおり、ぼくも「ありがとう」って言いたくなります、この候補者たちなら…。



あ、あとこの画像には笑ってしまいました。

1人だけ、iPhoneって(笑)

ひそかに家入さん応援してます!頑張れ〜!

 

 

このページのトップヘ