ひとひら

2015年05月

 書かないと。

 1ヶ月10万文字。1日3000文字で、9万文字。5000文字で、15万文字。1万文字で、30万字か。

 いまの自分は2時間で、どのくらい書けるのか。

 がんばれば、月10万文字以上は書けるのではないか。書くことに集中すれば。寝る時間を少し削れば、ちょっと早起きすれば、達成はできるはず。人生を変えたいと思っているのであれば、やる価値はあるのではないか。

 たぶん、できるだろう。やってやれないことはない。やらずにできないことはない。

 さぁ、仕事しよ。

 早起きは三文の徳どころか、三億の徳らしいです。

 自然とともに、起きる。そうすれば、人生が好転しないわけがない。

 自然とともにとは、どういうことかというと、やはり、動物たちが動き始めるころからです。そう、日の出とともに、起きるということが、やはり、人類にとっても良いようです。

 根拠とかが必要な人は、やらんとは思いますが、むかーーしから、早起きをすれば、人生は変えられるって言われますんで、やる価値はあるのかなと思われます。

 自己啓発とか、セミナーとか、情報商材とか、たくさんありすぎっ。人生を変えたい人、多いってことですねー。

 狂気的なほどに「それ」にかけなければ、凡人のまま。

 何かで秀でたければ、狂気的、極端なほどに、それに時間をかけること。長時間投入ってこと。

 バランス感覚を持って生きようとすれば、凡人になるだけ。バランス感覚なんかいらない。

 そういえば、今日、ふと思った。

 やっぱ、中身は、精神は、魂は、成長しないなと。生まれ、何十年経とうが、魂は、成長しない。

 そもそも、生まれたというのは、真実なのか、そこが問うべきことなのかもしれない。

このページのトップヘ