ひとひら

2015年10月

6885281868_efa2f424aa_z
photo by MomentsForZen

神事=紙事=仕事

 いつものように、オーディオブックを聴きいていた。会社に到着して、少し時間があったから、車の中で横になっていた。そうしたら、これってこういうことじゃないかなと気づいた。

 神事って、紙に書く事っても書けるなと。そして、音読みでは「仕事」にもなるなと。

 仕事って、どれだけ大きな志を、持っているかで、助けをもらえるようだ。

 当たりまえなのかもしれないが。

 神の仕事をするのだから。

自分には見えないモノが見えるという人について

 またテレビに、霊能力者と言われる人が出ていた。数年前までは、大人気だったけれど、今はそれほどないのかな。かくいう、昔の僕も、多くの視聴者と同じように陶酔していた。だって、人には見えないモノが見えるというだから。

 あれから、僕も「大人」になったのかな。もう、自分に見えないモノを見えるという人たちに、影響を受けることはない。

 誰かが見えると言っても、自分に見えないのであれば、それはおかしいと思った方がいい。そういうスタンスでいた方がいい。見えないのに、見えると言ったところで、裸の王様だ。

 それに、見えるモノより見えないモノの方が尊いと誰が決めたのか。花は美しい。見えるモノを、そのまま見ることができれば、かつて見たこともなかったような美しさを、僕たちに、限りなく明かしてくれるというのに。

4929103699_ae53732178_z
photo by Hartwig HKD

 もう金曜日なのか。一週間がほんとあっという間だ。このままでは終わりたくないという思いも少なからずある。いまは、会社に「時間」を売っている。1か月にして、約170時間ぐらい売っている。人生のもっとも大切で、大事な「時間」を、売らずに済むようにするには、どうすればいいか。まずは、そうやって問うことから、はじめてみよう。

 そういえば、この前の情熱大陸を観た。iPSの山中さんだった。ちらっと本棚が映っていて、そこにある本を調べてみると、おもしろそうな本だった。どんな本かというと、齋藤ウィリアム浩幸さんという方が書いた『ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く』という本。存じあげなかったんだが、かなりの実績を残されているようだ。

 アマゾンの商品説明から

1971年ロサンゼルス生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学 リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒業。 高校時代にI/Oソフトウェアを設立。テレビ会議システムなどで失 敗したあと、指紋認証など生体認証暗号システムの開発で成功。 2004年、会社をマイクロソフトに売却。日本に拠点を移し、ベンチ ャー支援のインテカーを設立。ドバイなど世界3カ所にオフィスをもち、 有望なスタートアップ企業14社を育成している。1998年にアーンスト・ ヤング主催のアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー米国大会でヤング 起業家賞を受賞。2012年に国会の東京電力福島原子力発電所事 故調査委員会の最高技術責任者と国家戦略会議フロンティア分科 会「繁栄のフロンティア」分科会委員を務める。 著書に“An Unprogrammed Life: Adventures of an Incurable Entrepreneur"。

どう?これだけでも、おもしろそうじゃない?今度、読んでみよ。

アファメーションと念仏

 アファメーションを広める人たちって、なんか念仏を広めた僧みたいだなと思った。まあ、アファを広める人たちの多くが胡散臭さプンプンするけど、それでも、まっとうな人たちは、念仏を広めた僧たちに似ている。

9139177362_4f92e49ef2_z
photo by Karwik

思ったから、そうなる(ニキビと薬の話)

 「塗ったから治ったんじゃなくて、塗ったと『思った』から治ったんだよ」

 風呂に入っていると、そういう気づきがあった。塗っただけでは治らなくて、塗ったという思いが出来たからなんだと。

 まぁ、これについては、どうなのかな。確認してみないとね。リラックスしているときに、「来た」ので、ほんとうのことなのかもしれない。

16277714736_14c27921bd_z
photo by Matt Zhang

夜中1時まで起きる

 昨日は、夜中の1時まで起きてしまった。だって、ウォーキング・デッドがおもしろいんだもん。日中は眠気に襲われながらも、なんとか仕事。今日は、早く寝よう。

 明日、仕事だと分かっていながら、夜更かしするなんて、仕事にも余裕が出てきたのかな。だけど、寝不足はいかんね。

いつも考え中

 仕事中、同僚の態度というか、やり方に、イライラしながらしていることに気づいた。人を批判するのは結構だけど、批判に労力を使うなら、生産的なことにもっと使いたいよね。だから、この場合は、心のなかで、「あなたにすべての良きことが訪れますように」だね。嫌いな人であったとしても、やってみたら、結構イライラも落ち着くしね。それでも、落ち着かない場合は、実際に口に出した方がいいときもあるよね。「あなたは、嫌な人だね」って、嫌な人って、自分が嫌なヤツだと気づいてないから。いっそのこと、言ってあげましょ。それで、気づいてくれたら、万々歳じゃないかな。

 そういう批判ばかりアタマに浮かんでいた。そういうときには、呼吸に意識を向けてみるのも1つの手だよね。深呼吸をすれば、そこに、もう思考は介在できない。

2974955356_a72cb9ea5b_z
photo by Jeff Power

1回かぎりの人生

 火曜日だった。あっという間に1日が過ぎていってしまうな。うかうかしてはいられない。早くやりたいことをやらないと。人間って、長いようで、ほんと短い、人生は。誰がなんと言おうと、たった1回かぎりの人生。過去世があるとか、来世があるとか、そんなものに興味を持つより、やることがあるはず。この命のかぎり、最大限に、いま、ここに、表現する。そう、表現するために、僕は、いまもここにいるのだから。

zara創業者が、ビル・ゲイツを上回った

ZARAの創業者がビル・ゲイツを抜き一時的に世界一の富豪に
スペイン発のアパレルブランド「ザラ(ZARA)」の創業者、アマンシオ・オルテガ(Amancio Ortega)が23日、マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツの個人資産総額を一時的に上回った。

 ZARAって、儲かってるねえ。wikiとか見ると、おもしろいことが書いてあった。

-

ブルームバーグによると、2012年3月の時点で総資産額が世界6位の389億ドル(当時の換算で約3兆1,000億円)。

-

最終学歴は中卒(義務教育修了)である。

-

現在もア・コルーニャに居住しているらしい。

 世界的経営者の経歴とか見るのが、趣味みたいになってる。そういうのを見ると、ほんと、おもしろいことが分かるから。どうすれば、そんなに稼ぐことができたのか、いろいろと考察もできるしね。

 商売はドミノ倒し

 何かを売るときに、売ったその人だけを見ているだけでは、それだけの商売ってこと。買ってもらったその人の後ろの人を、見れば、3人、5人、何十人という人がいる。そのことに気づけるかどうかが、商売の決めてとのこと。

 商売にかぎらず、人の後ろには、多くの人がいるんだと気づくだけでも、大きな力を得ること間違いなしだけどね。

昼飯に感謝しているか

 「いつものように」って、感謝を忘れがちになる。ふと、昼食時に、感謝してから食べていないということに気づいた。当たりまえに食べられるから、感謝を忘れてしまう。やはり、いただく前は「いただきます」だよね。食べ終わったら、「ごちそうさま」ってね。

 僕にとっては、こうやって書けることが何よりの幸せであり、感謝でしかない。

 ほんと、この書くことの幸せさよ。

このページのトップヘ